今はワタシの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 怒濤の三日間!

<<   作成日時 : 2017/05/22 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは

 疲れました( ̄∀ ̄;

 事の起こりは土曜日の朝、姉から電話が来て、実家の母が大変だと言うことで駆けつけたところ、朝寝床から起き上がれず、緊急通報システムを使ったとのこと。しかしその時は何とか起き上がれたのですが、いきなり

「もう歩けないから入院する」

と言いだした(^^;

 もう10年以上前なら、取りあえず入院という手は使えたんですが、今はどこも悪くないのに入院とかできないんだと説得し、起き上がれなくなった原因の足の痛みは、病院からもらう痛み止めを変えることで対処。

 飲んだら少し楽になったから歩けると言ったので、まあ何とかなったと思っていたわけですよ。

 翌日、朝は何事もなかったのでほっと胸をなで下ろし、お昼ご飯を食べてパソコンをいじっていた時にまた姉から電話。内容はやはり緊急通報システムなんですが、姉がすぐに戻れないのでまず行ってみてくれと言われ、出掛けたところ・・・

 どうやら転んだらしいですわ

 転んだ姿勢のまま動けないというので、とにかく救急車を呼んだわけです。検査の結果、骨は折れてない、頭も打ってない、どこも悪くないと言うことで家に連れて帰ってきたんですが、その連れて帰るのがまた大変で( ̄д ̄;

 行きは救急車でしたが帰りは自分達で何とかしなければならず。ストレッチャーに乗せたまま看護師さん達に車の脇まで運んでもらって、乗せてもらって、降ろした時のために病院から車椅子を借りて、帰ってきましたよ。

 しかし・・・

 御本人様、もう歩けないと言いだした。簡単に入院なんてできないし、そもそもこの人、施設に入るのを嫌っていたので申し込みすら出来ていない状況。惚けてない限り本人の同意がないと申し込みは出来ない、第一健康診断やら何やらやんないとならないので、嫌がってる人を引きずっていくわけにも行かないからまず無理。

 それがどうやら「すぐ入院できる」と思いこんでいたかららしい。うちの父が入院した10年、いや15年くらい前かねぇ、その頃はけっこう施設に入るまでのつなぎ入院とかが出来たんだよね。そう言う年寄りのための病棟が確保されているという話を、父の入院の時に看護師さんから聞いたらしいのよ。でも今はそれは無理、施設に入るにも手続きはこれから。

 そしたらもう死んだほうがいいとか言い出すし、いやー、もう考えなしにそう言うことを言われると腹が立つやら( ̄д ̄;

 介護関係の手続きはケアマネージャーに連絡取らないと出来ないし、土日は連絡つかないのでどうしようもないんだよね。そこで今日は姉と2人で一日お休みし、ケアマネージャーに連絡、施設はあたってもらうことになりましたが、それにしたって今日明日というわけに行かないのは同じ。

 そこでとにかく施設の当てが出来るまでの間、何とか頑張ってもらうために介護ベッドや歩行器や、いろいろ手配してもらえるものは全部お願いして、施設に入るためには介護認定も変更しないとならないのでその調査もお願いして、何とか今日の内に来てもらえることになったのでそっちの応対をして、施設の入所申し込みには診断書が必要なのでそのための検査を往診に来てもらってる先生にお願いしにいって・・・

 づがれだわ〜〜〜TT

 うちの母はテレビはいつも見てるけど、そのわりに知識は昔のままなんだよねー。でも自分は何でも知ってると思いこんでいるので、母にいろいろな話を納得させるのが一番大変だったわ( ̄д ̄;

 ま、うちの家族はね、亡くなった父も含めて、家族関係は良好です。それでも腹立つときゃ腹立ちますがねw

 惚けてないし煮炊きはしないけど買っていった食べ物は自分で食べられるし、トイレも辿り着けさえすれば自分で何とか出来る。しかし、その「辿り着く」部分で躓いているので、そこはどうしようもなくてねー。痛み止めも歩行器も一時的には何とか出来るけど、いつまでも今のまま気ままに独り暮らしってわけにはいかないよ。ヘルパーさんや通報システムで固めたところで、体が弱っていくのだけはどうしようもないもんね。

 子供のわがままなのかも知れないけど、親には出来るだけ長生きしてほしい。簡単に「死んだほうがいい」なんて言われたのが一番腹が立ったなあ。

 し・か・も!

 歩行器なりベッドなりが入って、痛み止めで痛みが和らいだら、ケアマネージャーに「1人でいられればいいけどねぇ」などと言いだした!

 ま、それが本音なのはわかる。でも年考えてほしいわ。90過ぎてんのよ、うちの母。

 救急車に付き添いで乗ったんだけど、周りは見えないからどこ走ってるのかわからないし、転んだだけとは言えどこにどんな影響がでてるかわからないあの状況で、私がどれだけ不安だったか!!

 今日あたりブログにこんな話を書けているんだから、そりゃそれほど大ごとにならずにすんだのは不幸中の幸い。しかし自分も歳をとったらあんな風になるのかなあと思うとやだなーw

 母を反面教師として、素直なおばあちゃんを目指したいです( ̄∀ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

サイト内ウェブ検索

アクアマリンふくしま

地震と津波で被災した、福島県いわき市の水族館の公式サイトです。ぜひお立ち寄りくださいませ


メインサイト

Sacchan's Home Page

暇つぶし程度にはなるかと思われますので、ぜひお立ち寄りくださいませ


毎日がFantasy

もう一つのひとりごとブログです


確率は2分の1±α

いろんなもののレビューサイトの予定



レンタルサーバーなら使えるねっと
怒濤の三日間! 今はワタシの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる