Lenovoミニノート実機発見♪

 こんにちは。

 本日、と言ってももう日付が変わりましたが、我が家の家電に使っている子機のバッテリーがもはや意味をなさなくなり、仕方なく二つ分のバッテリーを買ってきました。おかげで子機がバリバリ大活躍、実家の母との電話バトルにも大活躍と、まあバッテリー交換早々しょうもないところで役に立ったわけですが(^^;

 以前UMPC関連の記事でよく書いていた「地元の量販店」に行ってバッテリーを購入後、久方ぶりにPC売り場へ。

 そろそろブームも過ぎ去ったのか、一時期ほどUMPC商戦が活発ではないようで、モバイル契約と抱き合わせで100円ミニノートを強力にプッシュしてきたDELLも、DMのメインを12.1インチのミニノートにシフト、さらに通常のノートPCや独特のデザインを持つデスクトップPCを前面に押し出してきているようです。

 しかし、そこはそれ、さすがに田舎ww

 地元の量販店はUMPC花盛り。12月6日の記事でも紹介したLenovoのミニノートの実機がおいてありました。これ幸いと覗いたところ・・・・

 うひゃー!!!キーボードちっちゃ!!

 びっくりしました。このミニノート、画面の大きさがうちのNetbookくんとあまり変わらないので、キーボードの配置やキーの大きさも同じ程度かと思ってたんですが、8.9型のキーボードより小さい印象がありました。

 どうやら、画面サイズはうちのNetbookくんと同じ程度でも、筐体の大きさが小さいようです。製品ページに行って仕様を見ましたが、うちのNetbookくんは26cm、Lenovoのミニノートくんは幅が1cm程度小さい25cm。そもそも小さいサイズのPCですから、この1cmはけっこうデカいです。

 一緒に置いてあったパンフを見たけど、やはりキーボードの正面写真がないww

 同じ場所に展示されていた他の機種も見ましたが、最近になって出た機種では、キーボードの並びを工夫して、出来るだけキーを縮めないようにしているところが多いという印象を受けましたね。うちのNetbookくんだと、「ろ」と「右shift」の間に↑矢印のキーが挟まっているので、その分「右shift」が縮んでいるわけですが、このカーソルキー全体を少し下にずらして、「ろ」の隣に「右shift」が来るようになっている機種が二つほどありました。

 さすがに写真を撮ってくるわけにも行かずww

 あとで調べられたら調べてみますw

 どんな使い方をするかはユーザー次第ですが、PCという名前を冠する限りは最低限PCとしての基本性能は備えておいてほしいもの。

「使えるけど使わない」のと、「ない、もしくは使いづらいので使えない」では、気分的にはかなりの差があると思うんですよねww

 ま、だからといって「Lenovoのミニノートはキーが小さいからだめ」なんて私は言いません。いや、言う資格はありませんww

 これもまた使い方は人それぞれ。IBMのころからThinkPadシリーズは信頼性が高い製品ですし、その機種を出しているメーカーの製品ですから、他に見るべき部分はたくさんあると思います。

 しかし、こんな田舎の量販店にも実機があると言うことは、首都圏ならばいろんなお店にありそうですから、ぜひ一度さわって確かめてから購入されることをお勧めします。

 ちなみに、今回はけっこう長い時間PC売り場にとどまっていましたが、相変わらず店員さんには鼻も引っかけられませんでしたwww

 おかげでゆっくり見られましたけどね(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント