バッテリー狂騒曲w

 こんにちは。

 今回は久方ぶりのNetbookなお話。

 我家のUMPCは、「MSI Wind Netbook U100 Extra」ですが、去年の11月頃、この機種のバッテリーなどが単品発売されることになりました。しかし、そもそも評判は上々にもかかわらず、量販店などで大々的に販売展開されているわけではないので、その付属品も果たしてどこで売っているものやら(^^;

 うちのNetbookくんについているバッテリーは大容量6セルなので、ちょいと重いものの容量は十分なわけですが、たとえば泊まりがけで旅行するとき、ACアダプタなども持って行く予定でいるので、そんなにデカいのはいらないと言えばいらない。他にも荷物はたくさんあるので、出来るだけ軽くすませたいところ。

 それに電源ケーブルぶっといしww

 と言うことで、1月の中頃、遅ればせながら3セルバッテリー単品を探して動き始めました。色はもちろん、ハート飛び交うウィンドフォーラブに合わせて白ですw

 ネットで検索して見つけたのは、MSIの正規代理店が運営する「元気buy」ですが、私が辿り着いたときにはすでに「売り切れ」。その後何度か足を運ぶも相変わらず「売り切れ」w

 他にはないんかい!?と待つのが苦手な管理人、必死で探して見つけたのがAmazon。まあ盲点でしたわ。ここならばいつも買ってるところだし、そこそこ安けりゃいいやと覗いてみたのですが・・・。

 3セルバッテリー
 黒→9,720円
 白→11,880円

 当然ながら、どちらも販売元は「Amazon」であることを確認しました。

 同じ店で売る、同じ機種、なんで色が違うだけで値段が違うのかな?

 Amazonのエレクトロニクスコーナーは、以前も同じものの色違いを違う価格で並べていたこともあり、最近ではiPod nanoあたりが、人気色のみ高いですよね。

 ま、iPod nanoはともかく、今まさに買おうとしている機種がこれでは困る、そこで早速質問してみました。

 返ってきた答えが

「同じ機種でも色が違えば別商品として扱っているので、値段が違うこともある」

 私にはこの言葉は詭弁にしか聞こえなかったんですが、さてこれを読まれた皆様はどうでしょうね。

 そもそも色によって価格に差が出るのは市場の原理。なのでオークションなどであればそれもありですが、新品を普通に販売しているサイトとして、この返事はいかがなものかと。

 しかも、以前別の製品で同じ質問をしたときには

「間違っていたので直すよう手配しています」との返事でした。

 ま、これは2006年7月の話(当時の返信メールで確認しました)なので、今では担当者が変わったとか、アマゾンの運営方針が変わったとか、そう言うことなのかどうかはわかりませんが、買う側としては機能にまったく差がない製品なのに、色が違うと言うだけで高いものを買うのは納得いかんと言うことで、保留にしておきました。

 ところが・・・

 Amazonにはしょっちゅう行っているので、数日前、別の商品について検索しようと出掛けたとき、ふと思い立ってもう一度3セルバッテリーの商品ページを覗いてみたところ・・・。

 なんと白のバッテリーが黒と同じ値段にww

 他からも苦情が行ったのか、はたまた私に返事をした担当者が自分の考えでエーカゲンな答えでもしたのか(そんなことはないと思いたいけど(^^;)、ともかく白の3セルバッテリーは安くなっていました。となればすることは一つ!

 ぽちっと購入して、ついにNetbookくんの3セルバッテリーが我家にやってきました。

 箱はこんな感じ

画像



 中身はこんなの

 
画像


 しかしこの箱、実に開けにくいww

 ま、店頭で販売することを考えればこれでいいのかも知れませんが、買ってから開けるまでに時間がかかったりw

 そして持った感じが

 軽い!!!

 さすがにNetbookくんの壁紙のように、綿毛と共に飛べるほどではありませんが、持った感じが全然違う!!

 となればここはやはり量るしかない!

 量った結果 3セルバッテリー装着時で

 1,170g=1.17kg

 6セルバッテリー装着時で「1,311g」でしたから

 1,311-1,170=141gの差

 数字だけ見るとそれほどでもないような気がしますが、持った感じが全然違いました。

 どんなものでもそうですが、どれほど大きく違うとかすごいとか言っても、紙の上の数字だけでは実感しにくいもの。体感できなければ意味がないですよね。

 3セル装着時と6セル装着時では、持ってみた感じが全然違ったので、Netbookを旅行に持って行こうと考えておられる皆様には、検討の余地がありそうです。

 それでなくても7月のaccessツァー2009は、中野2DAYS狙い。二晩泊まって昼間はあちこち動くための準備を考えれば、他の荷物は出来る限り減らしたいところです。

 バッテリー君、活躍を期待してますぞww

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月21日 15:33
MSIをご利用なんですね。
小型でいいですよね。
僕はNECのLaVie Lighetを利用してます。

NECはバッテリーの単品販売をしないそうなので、MSIがうらやましいです。
さっちゃん@管理人
2009年02月23日 00:56
こんにちは~
いらっしゃいませ(^^)
NECもいいメーカーですが、国内のメーカーはおしなべてこの手の細かいサービスをしてくれないところが多いですね。
まだまだ大名商売という気がします。
これからは細かいところで差別化を図らないと、国内家電メーカーも生き残っていけないと思うんですけどね(^^;