待てば海路の・・・・

 こんにちは

 昨日は待ちこがれているクリスマスライブのお席が今ひとつで、ちーとばかしへこんでいた管理人ですが、今日はうって変わって晴れ晴れとしておりますww

 その理由はエコカー補助金!!

 入金されたのよっ!!! o(>▽<)o

 いやはや、時間がかかりました(^^;

 待てば海路の日和ありとは言いますが、それにしてもひやひやものでしたわw

 ここの管理人の新車購入は8月。登録日は2009年8月27日でした。管理人の場合は、以前の記事

 http://saccyan.at.webry.info/200907/article_18.html
 http://saccyan.at.webry.info/200907/article_19.html

 このあたりでも書いたように、ディーラー側の対応が、最初は「申請は自分でやってね」だったのが「手数料を頂いて代理申請します」に変わりましたので、申請書類に記入をして、必要書類を渡し、あとはひたすら待ち続けるだけとなりました。

 ちなみにその代行手数料は新車登録時の諸費用と合わせて支払ったのですが、2,100円でした。この金額で代行してもらえるなら、ここはスパッと依頼してしまうのが一番。ただし、これが一律とは思えませんので、購入時にディーラーに確認することをおすすめします。

 登録日が8月末近くでしたので、多分申請手続きは9月中だったと思います。いつ頃だったのかまでは聞いてないですね。

 そして入金されたのが12月14日!!

 まさしく今日なのですよ!!(⌒▽⌒)ノ

 実は管理人、11月の終わりあたりからちょっと不安になってきまして、ディーラーの担当営業さんに連絡をしておりました。一番怖いのは、途中で書類が止まっていて、そのままになっていたり、万一申請が漏れていたり、そんなことがないかどうかですよね。ディーラーの営業氏、確認しますと快く請け合ってくれたのですが、電話した日が休み前だったせいか、その後の音沙汰はなしww

 そこで自分で調べることが出来る手だてはないものかと、ネットで検索。見つけたのがこのサイト

 http://eco.cev-pc.or.jp/

 その名も環境対応車(エコカー)補助金申請進捗確認システム

 けっこうイカツイ名前よねw

 ページを開くとこんな一文が

 申請車両(新車)の登録番号(軽自動車は車両番号)の支局名を選択ください。

 この「支局名」というのは、車のナンバーの頭に来る、主に都道府県名のことね。これは車を登録するときに、どこの住所で登録するかで決まります。登録した住所を管轄する陸運局の支局名が、ナンバーになるわけです。ここの管理人は福島県中通り地方に住んでおりますので、ナンバーの頭は「福島」です。そこで、トップ画面から「福島」をクリック。

 そのあとは、新しく登録したナンバーを入れる画面が出ます。ここで間違えないでほしいのは「新しく登録したナンバーを入れる」です。廃車にした古い車のナンバーではありませんので、お気をつけくださいませ。間違うと当然「該当なし」となります(^^;

 新しく登録した車のナンバーを入れて「検索」ボタンを押すと、ナンバーを入れる前は「検索結果」と出ていたところが、結果表示に変わります。ここの管理人の場合、12月9日に検索したときには「振込み」となっていました。しかしこの時点では入金になっていなかったので、もう少し見てみたところ、ナンバーを入れる画面の下のほうに、検索結果の文言についての解説がありまして、そこを見ると、「振込み」の場合はこんな風に書いてありました。

審査が終了し、補助金交付決定通知の申請者への発送及び補助金の振込みを行っています。
「振込み」の状態で、補助金交付通知がお手元に届いてから2週間程度経過してもまだ振り込まれない場合は、申請された銀行口座が間違っている可能性がありますので、審査機関にお問合せ下さい。
問合せ先:次世代自動車振興センター総務グループTel:03-3434-3681(振込確認のみの対応窓口)


 てなわけでもう少し待ってみることに。

 で、本日入金と相成ったわけですが、「補助金交付通知」は見ていませんw

 振込みのほうが先なのかね。普通は逆なんだけどなあ。国税還付とかはみんな通知が先なのにね(^^;

 こんな顛末がありまして、無事に入金されました。しかし、実はこのお金、入るのを当て込んですでに頭金の一部として支払ってあるので、別に得した気にはならないんですけどねww

 ところでエコカー補助金というと、最近になって「今から登録してももらえない」「絶対無理だからこれから買う人はあきらめろ」という内容の記事をよく見かけます。確かに「売り切れご容赦、品切れの際は即閉店」な補助金ですが、今でもメーカーがもらえますよと宣伝しているのだから、もらえないってことはないはず。どうも一部の悲観的な皆さんがネガティブキャンペーンを展開しているような気がします。

 もちろん真相はわかりませんが、対象車両の購入の場合は、もらえるのかどうかをきっちりお店に確認したほうがいいですよ。日本人はどうしてもお金の話をズバッとすることにためらいを感じるようですが、お金の話だからこそ、後々のためにも、はっきりさせて置くことが大事だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント