さよならアルちゃん

 こんにちは

 昨日、お友達のジュンヤ嬢のブログを読んで、我らがaccessのリダ様こと、浅倉大介さんのご家族(ペットって言う括りで語れない気がするのでこう呼ばせていただきます)のアルちゃんことアレックスが、亡くなったという話を知りました。わんことしてはけっこうなお歳(11歳)だったことは知っていたけど、ずっと元気だったみたいだから、なんとなく、もうずっとこのままいきそうな、そんな気がしていました。でもやっぱり別れは来るんだな・・・。

 仕方ないんだって頭ではわかってるけど、感情は納得してくれないよね。親しい人、愛する家族を失う喪失感て、体験した人じゃないとわからないから(--;

 ジュンヤ嬢のブログに出てた浅倉さんのついったあどれす、見てきました。むー、泣けるじゃないか。読み始めた瞬間から涙が出てしまいますよ(T_T)

 いいじゃないですか、ボクサー試合後の目でも。泣きたいときは思いっきり泣くのがいいもんです。うんうん。

 なーんて書いて風呂行ってきて今見たら、アニーちゃんとジョン君とお散歩だって。なんか後ろからいろいろと行列がついていきそうだけど、大丈夫なんだろうか(^^;

 アルちゃんはお葬式したのかね。これからするんだろうか。大分昔だけど、どこぞの霊能者の人が、「動物と人間は霊としての格が違うから、動物を人間と同じ扱いで埋葬するのはかえってその動物にとってよくない」と言う話をしていたのを聞いたことがあります。動物には動物のおくり方があるから、ちゃんとそのやり方に則っておくってあげるのが正しいそうな。まあ普通の家なら、庭とかに埋めて墓標を作ったり、なにもなくてもそこにお花を供えたり、そんなところなんだろうけど、その頃、ペットの葬式を請け負う業者が話題になっていたような記憶があるから、そういう何かの番組だったのかな。まあ霊能者が出てきていたんだから、きっと心霊番組だったんだろうけどね。ただ、飼い主の気持としては、精一杯の心づくしをしてあげたいというのが本音だから、難しいところですねぇ(--;

 あ、なんかまた涙が出てきた(T_T)

 こう言う話は弱いんだわ、アタクシ!!!><

 だめだ、取りあえず画面閉じよう。浅倉さん本人は明日試合後のボクサーでもいいだろうけど、こっちはそうはいかん(^^;


 さて、最初にツイッターの話を聞いたとき、ここの管理人は精神的にものすごく深い穴の底にいたので、「ツイッターのサイトに行ってみる」ただこれだけのことがどうしてもできませんでした。しかし、さすがに最近は大分浮上してきているので、今回浅倉さんちのツイッターを覗いたのを機会に、ちょいとツイッターについていろいろと考察してみました(おおげさなw)

 うーん・・・現時点ではここの管理人には無理ぽい気がしてきた( ̄▽ ̄;

 結局これってミニブログみたいなものですね。ブログを持ってない人には、手軽に始められていいかもね。ただ、ここの管理人のようにいくつもブログを抱えていてこれを始めてしまうと、結局ブログのほうがお留守になること間違いなし(^^;

 そしてもう一つ、ここの管理人、ブログに上げる記事に限らず、ネット上での掲示板の書込などでも、一旦書いた記事を何度か推敲します。以前某ゲームメーカーの掲示板で、何気なく書いた記事にものすごい攻撃的なレスをつけられたことがありまして、その時の教訓で(^^;

 その時もちゃんと推敲したつもりだったのですが、書込の中のとある一言についてボロッくそに言われたわけです。ただその時は、攻撃してきたのは1人だったのですが、その方に賛同する方はまったくいず、他の常連さんなどがたくさん私を擁護してくれて、すごくありがたいと思ったものです。

 でもね

 何気なく書いた言葉に過剰反応する人ってのは、たくさんいると思うので、たとえネットの片隅をうろうろしている田舎のおばちゃんの書込でも、きちんと読んで、辻褄があってるかどうか確認して、うっかり個人的な誹謗中傷の類になってないか、いろいろと読み返してから上げることにしないと、些細な言葉を超拡大解釈されて炎上なんて冗談じゃないですからね(^^;

 でも、それではツイッターの醍醐味=リアルタイム性が失われてしまうので、ここの管理人みたいな奴は、スピード勝負のツイッターには向かないなあって気がしましたww

 とりあえず、読むだけにしとこうとおもいます(^^;
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント