旧岩代町万人子守地蔵尊

 こんにちは

 今回はお祭りのお話(⌒▽⌒)ノ

 福島県二本松市(旧安達郡岩代町)にあります「万人子守地蔵尊」の例大祭に行ってきました。

 るるぶの紹介サイト
 http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=12367

 ここは両親の出身地なので身内が住んでいます。毎年行っているのですが、いつもなら露店がずらりと出て、たくさんの人で賑わいます。そりゃもう、渋滞にはまったらそう簡単に抜け出せないくらい( ̄▽ ̄;

 では

 なんで「いつもなら」なのかというと、今年は例大祭は行うものの、露店が一切出ないのです。まあ言うまでもなく、原因はアレですよ。

 原発事故( ̄д ̄;

 しかし、祭りの灯を消すわけには行かぬと言うことで、例年通り、ご祈祷と稚児舞の奉納が行われました。

 このお祭りの由来については、こちら
http://www.union.adachi.lg.jp/hurusato/mukashi_monogatari/tales2/11.htm

 このお地蔵様が流れ着いた荒浜というのは、今回の震災で甚大な被害が出た、仙台市若林区の荒浜のことです。

 会場はこんな感じ
画像

画像 画像


 いつもならこの道にずらりと露店が並んで、いろんなもの売ってるんですけどねぇ・・・( ̄д ̄;
画像

 こんな寂しいのは初めてですよ(T_T)

 しかし、露店がなかったことで、いつもならそれほど賑わうことがない地蔵尊の向かい側にある店が、大繁盛(^^;
画像


 そしてこちらが稚児舞のお嬢さん達。地元の小中学生の女の子です。ハイ、女の子だけですww
画像


 このお稚児さん達だけは、いつもの年より多かったです。いやこの町はそんなにひどく過疎化が進んでいるわけではないので、たくさんいるのはいるんですよ、女の子は。ただ、部活などでなかなか稚児舞に参加できない子も多いとか。ところが、今年はスポーツ関係の行事も10月までほぼ中止、延期だそうなので、子供達がたくさん参加出来たという、いささか痛し痒しな裏話もあったり( ̄▽ ̄;


 さてこの「万人子守地蔵尊」、子供を守ってくれるのですが、そのために、「ご尊体」と呼ばれる、木で出来たお地蔵様を借り受けます。そのお地蔵様に名前を書いた札をつけて、家に奉り、毎年例大祭に「里帰り」と言うことでお地蔵様を持参して、初穂料と共に受付をします。そして本堂でご祈祷してもらう、と言う仕組みになっています。

 で、これが我家・・・正確には管理人の実家で借り受けているお地蔵様。前掛け部分がモザイクなのは、そこに父の名前と、孫3人の名前がはっきりくっきり書かれているからですww
画像


 何でも我家で借りる前にも別な身内の家で借りていたと言うことなので、歴史は50年以上だという話です。優しい笑顔で、管理人が子供の頃から見慣れたお地蔵様です(^^)


 そしてこちらは、この地蔵尊がある通りに面した道路沿いにあるお地蔵様達(^^)
画像 画像

画像 画像

画像


 みなさん、ころころしてかわいいです(^^)

 ところで、お地蔵様というのは子供の友達なので、借り受けた「ご尊体」は、子供のおもちゃにしていいのだという話です。子供と遊びながら、守ってくれるのだそうです。いいお話ですね(^^)

 しかし、かじられたりよだれでベトベトにされたりするだろうから、お地蔵様もけっこう大変ですな( ̄▽ ̄;

 でも行ってよかったです。祭りの間は天気もよかったし、久しぶりに従妹にも会えたし、それに、こういう行事は出来る限り、いつもと同じと行かなくても、やっぱり続けることに意味があるような気がします。来年は、いつもの通り賑やかだといいなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント