【1969】 由紀さおり&ピンク・マルティーニ

 こんにちは

1969
EMIミュージックジャパン
2011-10-12
由紀さおり


Amazonアソシエイト by 1969 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 このCDが話題になっているというニュースが流れたのは、わりと最近です。でも実は発売されたのは去年の話。タイトルの「1969」は、1969年のことで、その頃に日本のラジオから流れていた曲を集めているのだとか。1969年と言えば、我らがaccessの歌のお兄さん、貴水博之様ご生誕の年でございますわね(*´▽`*)

 と言う話は今回は置いといてww

 「1969」に収録されている曲を歌っているのは由紀さおりさん。最近はお姉さんの安田祥子さんと一緒に童謡を歌っているので名前が知られていますが、実は元々歌謡曲の歌手で、昔はかなり人気がありました。その由紀さおりさんがピンク・マルティーニというアメリカのバンドとコラボして生まれたのが、この「1969」です。

 このCD、発売されているのは日本だけではなく、どちらかというと海外でのほうが話題になっています。日本では発売されてからもしばらくはまったく話題にならず、海外での人気でやっと国内で紹介され始めたのが最近だとか言う話を聞きました。

 このCDには日本の国内盤の他に、海外で発売されている英語盤もありますが、内容は基本的に一緒です。なぜ「基本的に」なのかというと、曲順が違うのと、国内盤には由紀さおりさんとピンク・マルティーニの作曲家との出会いや、収録曲の曲解説が書かれた紙が一枚入っているのです。逆に言うと、違いはそれだけですがね( ̄▽ ̄;

 でも国内盤は3,000円、輸入盤はUK盤の初回版が2,209円、通常版が1,188円、US盤で1,387円(2012/2/16現在)です。まあ輸入盤は市場の原理で通貨の価値が変動しますから、この数字だけで高い安いと決めつけるわけにはいきません。

 ただし

 どっちにしても管理人には手が出ない( ̄д ̄;

 と言うわけでレンタルしました(へたれ)

 まあレンタルにしたのは、お金がないからばかりではありません。このCD、Amazonのレビューなどを読むと「海外でこれだけ話題になってるのに国内ではまったく取り上げていない」ことに怒ってる方もいるようですが、管理人的には「国内で話題になる要素が足りないんじゃないかな」って気がしています。「由紀さおりとピンク・マルティーニのコラボ」と銘打っていても、歌っているのが由紀さおりさんだと言うだけで、由紀さん自身の持ち歌は「夜明けのスキャット」一曲しか入ってないです。

収録曲はこんな

1. ブルー・ライト・ヨコハマ
2. 真夜中のボサ・ノバ
3. さらば夏の日
4. パフ
5. いいじゃないの幸せならば
6. 夕月
7. 夜明けのスキャット
8. マシュ・ケ・ナダ
9. イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?
10. 私もあなたと泣いていい?
11. わすれたいのに
12. 季節の足音 (ボーナス・トラック)

 1はいしだあゆみさん、2はヒデとロザンナ、5は相良直美さん、6が黛ジュンさん、10が兼田みえこさん、12は新曲だそうですが、その他のは洋楽のようです。

 1969年にラジオを聴いていた世代というと、一番若くても60歳前後かなあ。上はせいぜい70代か、ギリギリ80歳前後・・・ですかねぇ。青春の想い出に訴えかけても、もう遠い昔すぎてピンと来ない世代のような(^^;

 この世代だと、今では演歌一筋って気が( ̄▽ ̄;

 若かりし頃に聞いていた曲を聴いて「おお」となるのは、40代から50代までのような気がしますが、この世代は当時生まれたてから小学生がせいぜい。かくいう管理人も小学生の、しかも低学年でしたw

 そして曲の内容についても、日本の曲についてはわりとオリジナルに近いアレンジなんじゃないのかなあ。正直なところ、管理人が聞いては「古くさい」と感じた曲もあります。曲自体は嫌いじゃないけどね。どの曲も当時は流行った曲ですが、だからといって名曲と言えるほどのものも入ってないし、やはりこのCDは、「海外に日本の歌を紹介するためのもの」なんじゃないのかな。由紀さんの声はきれいです。だから余計にもったいない><

 どうせなら、1969年にこだわるよりも、由紀さおりの持ち歌にこだわってほしかった。いい曲いっぱいあるし。そして、せっかくのピンク・マルティーニとのコラボなんだから、もっと大胆にアレンジしてまったく新しい曲として聞かせてほしかったな。そこが残念です。

 ちなみに管理人のお気に入りはブルー・ライト・ヨコハマと、マシュ・ケ・ナダかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント