MSI Wind Netbook U100Extra 使ってみました♪

こんにちは。

さて実際に使用してみました。まずはダウンロードソフトをいくつか入れるために、巻き取り式のLANケーブルを用意し、それでネットに繋ぎました。家庭内LANのネットワーク設定をして、メインPCからNetbookの共有フォルダにいくつかソフトを放り込み、インスト開始。

 特に問題なくインスト終了。重いとかイライラとかは全くなし。

 ここで断っておきますが、管理人ことワタクシは、かなりのせっかち野郎ですw

 「待つ」事が大の苦手><

 なので行列に並ぶのも嫌いだし、なかなか先に進めない人混みは大ッ嫌いです。こんな私ですから、今回このPCを注文してから、届くまでの9日間、もうひたすら忍耐の日々でした。待ちきれずにDOSPARAの注文内容確認ページを覗いてはため息をついていたことは、前回の記事でも書いたとおり(T_T)

 さてそのせっかち女がNetbookの動作を確認すべく、今度は外付けDVDドライブをつけて、いささか重めのソフト「一太郎」をCDからインスト。

 ここで使用したのがアイオーデータの外付けポータブルDVDドライブ


I-O DATA バスパワー対応ポータブルDVDドライブ DVRP-U8XLE
アイ・オー・データ
2008-05-30


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 こんなのです。買ったのはここからじゃないんだけどww

 ホント、薄型。そして軽い。ま、作りがちゃちな感じもしますがね。縦置きも可能なのですが、縦置きで使うと、ディスクを入れてトレーをしまうとき、うまく入らないことも何度かありました。場所がないときは仕方ないですが、出来れば平起きで使用されたほうがいいかと思います。

 さてこのドライブ、ACアダプターはついていますが、ポータブルらしく、繋いだPCから供給される電源のみで動く「バスパワー対応」なので、今回もそれで行きました。ただし、PCのほうはACアダプターで繋いであります。バッテリーのみで動くかどうかのテストまではしていません。

 PC本体には左側にUSBポートが二つ、右側に一つ。左利きの私は右側に繋ぐと使い勝手が悪いので、左側に繋いで左手で操作。このドライブの難点は、付属しているUSBケーブルが異様に短いことw

 もっともモバイル向けポータブルですから、それはまあ仕方ないかな。

 でも機能にはまったく問題なし。すぐに認識してくれて、一太郎君のインストも実にスムーズ。このあとiTUNEをいれて、メインPCからMP3データを移し、iTUNEを起動してみましたが、起動までの時間もメインPC(CPUはAthlon64X2 6000+)とそれほどかわりませんでした。

 もちろん、メインPCには大量のファイルが入ってますから、その分だけ起動に時間がかかります。それと変わらなかったので、私としては合格ですね(^^)

 First impressionとしてはこんなところです。

 ※ハードについてのおまけ

 このPCのタッチパッドですが、こんな感じです

画像


 タッチパッドの下にある、クリックのためのボタンが左右に分かれてないww

 ただし、機能にはまったく問題ありません。左を押せば左クリック、右を押せば右クリック、真ん中は押しても動かずww

 本日はソフトのインストや中身のカスタマイズまで終わりました。あとは各ソフトごとの使い勝手を上げるために、それぞれのカスタマイズをしなければ。「たかみ」と入れて「貴水」と出ないのは不便だわww

 

"MSI Wind Netbook U100Extra 使ってみました♪" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント